postheadericon 住宅ローン停滞で家を手放すなら任意売却支援サイト

格差社会といわれ久しいですが、日本の経済は停滞が長く続き、正社員と非正規社員といった雇用形態が増え、賃金の格差も広がっているようです。一向に所得が増えない、あるいは時間外労働の減少などにより収入が減少している方も多くなっているのが現実のようです。

このような背景からマイホームを住宅ローンで購入された方たちが苦しんでいます。将来的に所得が増えていくという予想を立ててのローン借入をしたため、その後のローン返済が遅れたり、滞ってしまったりしているようです。何とかがんばってきたけど、ついに家を売却して手放すしか方法がなくなってきたという事態になったりします。そのようなお考えの方に最善な方法を導き、そのお手伝いをする企業があります。それが大成有楽不動産販売株式会社が運営する「任意売却サポート」のサイトです。http://www.ninbai-support.jp/公式サイトは>こちら

このサイトは不動産業務に精通する大成有楽不動産販売株式会社が運営し、住宅ローンの返済が難しい状況となった方へ解決に向けて最善の方法を一緒に考えさせていただき、より高く売るための任意売却という方法でローンの債務返済へ向けたアドバイスとそのお手伝いをしています。

住宅ローンの延滞・滞納は、任意売却で債務の返済が出来るよう解決できる努力を一緒に行っていきます。督促状や催告書がローン会社から届いたり、差し押さえになった際は、まずは東証一部上場企業である大成有楽不動産販売株式会社へ相談をされてみてはいかがですか。

postheadericon 任意売却のメリット・デメリット!

マイホームを購入する際、ほとんどの方がローンを組むことになります。
しかし、病気・リストラなど様々な事情により住宅ローンが払えなくなるケースも多いです。

そんな時に検討してほしいのが任意売却です。
任意売却はローンの支払いが滞った時に、現在持っている不動産を売却してローンの返済にあてます。任意売却ができるようになるのは、ローンを3か月~6か月滞納した時からでまだ滞納していない段階ではできません。

任意売却のメリットは、売却金額をローン返済に回す事で残債務をいっきに減らすことができる点です。また、債権者にとっても多くの金額を短期間で回収する事ができるというメリットがあります。
売却金額をローン返済に充てても、たいていの場合は残債務が残ることになります。その残債務も交渉次第で、少しずつ無理なく返済していくことができます。

もし、ローンの支払が滞ったままの状態を放っておくと最終的には競売にかけられることになります。
競売の場合、市場の相場よりかなり安い価格で落札されることが多く、任意売却に比べて残債務が多く残るケースが多いです。また、残債務の返済方法を交渉できないのも大きなデメリットです。

やむを得ない事情で住宅ローンの返済ができなくなった場合、競売にかけらる前に早目に任意売却を検討しましょう。